「ENTJ-A」と「ENTJ-T」の違いとは?各性格タイプの特徴と相性を解説|MBTI診断(16パーソナリティ)

KANON
MBTI診断でENTJ(指揮官型)だったから、調べてみたら「ENTJ-A」と「ENTJ-T」が出てきたよ!「A」と「T」では何が違うのかな?
KARIN
「A」と「T」では性格や価値観が異なるよ!今回はENTJ(指揮官型)の「A」と「T」の違いを解説するね!同じENTJ(指揮官型)でも恋愛傾向や仕事の価値観も違うから参考にしてみてね!

MBTI診断では16タイプの性格を「A」と「T」で区分します。「A」と「T」では、同じ性格タイプでも、それぞれの特徴が異なるため、深く自分の性格タイプを知りたいと考える人に注目されています。今回は、「A」と「T」の違いを解説しながらMBTI診断の16タイプでもあるENTJ(指揮官型)についてまとめています。最後まで読んで参考にしてください。

そもそも「A」と「T」の違いとは?

MBTI診断には、「ENTJ」のような4つのアルファベットの後ろに、ENTJ-AやENTJ-Tなど「A」または「T」の文字がついてきます。これは、神経性の高さを表したものです。基本的に「A」はポジティブな自己主張型、「T」はネガティブ思考な慎重型といわれています。

以下では、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

違い1:Aは「自己主張型」、Tは「慎重型」

A(自己主張型)は、神経性が低く、細かいことや周囲のことを気にしない性格です。物事をポジティブに捉える前向きな姿勢が長所ともいえます。また、A(自己主張型)は周囲に自分の意見をはっきりと述べるタイプです。そのため、自分の意見をため込みすぎてストレスを抱えるということはほとんどありません。

T(慎重型)は、神経性が高く物事を慎重に考えながら進めていく性格です。「A」に比べるとネガティブ思考で、周囲の目や評価を気にしすぎてしまう傾向があります。しかし、周囲の反応や目線に敏感な特徴は、小さな変化に気付けたり空気を読めるなどの長所につながります。

違い2:Aは「ポジティブ」、Tは「ネガティブ」思考

A(自己主張型)は、基本的に前向きでポジティブ思考です。恋愛・仕事・人間関係において常に自信をもって周囲を引っ張っていくタイプといえるでしょう。自分の意見をはっきりと伝えるタイプなので、相手に遠慮して意見が言えないなどのケースはほとんどありません。自分の強い芯を持ちながらも、周囲の意見を取り入れながら目標に向かうA(自己主張型)は、リーダー素質があります。

T(慎重型)は、不安や緊張を感じやすいです。そのため、極度のネガティブ思考に陥ることも。周囲の評価には敏感で、自分に与えられた責務に対して過剰な責任を感じ、空回りする場面も少なくありません。過度なプレッシャーを感じてしまわないよう、注意が必要です。ただし、常に最悪の状況を考えながら行動している一面は、よくいえば未然にリスクを回避できるというメリットでもあります。そのため、T(慎重型)は大きなトラブルに巻き込まれても、乗り越えながら着実に目標に進んでいくことができます。

違い3:AとTは「取り組み方」が違う

ポジティブで前向きなA(自己主張型)は、自分に自信があり、さまざまなことに積極的に挑戦します。失敗したときのリスクは考えず、前だけを見て自分の意志に従って突き進んでいくタイプです。人生の選択も、自分で決めた道を信じ、自信を持って突き進んでいきます。

T(慎重型)は、流れに身を任せて進んでいく消極的タイプです。周囲には「受け身姿勢」と認識されることが多いでしょう。人生の中で起こる選択は、自分ではせず周囲の意見をもとに選択をします。自分の意思のみで突き進んでいくA(自己主張型)とは、正反対の性格です。

自己肯定が高いA(自己主張型)は「考えるよりも行動」タイプで、冷静な判断ができるT(慎重型)は「じっくり計画を立ててから行動」タイプだよ!

【ENTJ-AとENTJ-T】の性格の違い

前述してきたとおり、同じENTJ(指揮官型)でも、A(自己主張型)とT(慎重型)では、性格の特徴が異なります。具体的にどのような違いがあるのか、以下で解説するのでENTJ(指揮官型)の理解を深めるために参考にしてください。

ENTJ-Aの性格特徴

ENTJ-Aの特徴は、リーダーシップです。ENTJ-Aは、自信に満ちており、自己主張をはっきりできるので、リーダーに向いています。加えて、迅速かつ的確な判断力があるので、周囲から信頼されるリーダーになるでしょう。自分の目標を明確に追っているENTJ-Aは、目標に向かって効率的な結果を追求し続けます。チームをまとめる際も、チームの目標に向かって、効率的にメンバーを引っ張っていく力があります。

また、ENTJ-Aは責任感が強いです。自分に課せられた課題や仕事に対して、強い責任感を持ち、目標達成に向けて全力で注力します。そのため、仕事やチーム内において、高い成果を収める人が多いです。

自信と決断力に長けているENTJ-Aは、困難な状況においても冷静に判断し、確実な解決策を導くでしょう。

ENTJ-Tの性格特徴

ENTJ-Tも、ENTJ-A同様にリーダーシップがありますが、内向的な一面もあります。

ENTJ-Tは、目標達成に向けて効率的な方法を見出す能力や、計画性に優れています。また、冷静な判断と分析力を持ち合わせているため、周囲の情報を客観的に分析・評価し、効果的な戦略を立てられるタイプです。その結果、状況に応じた柔軟な対応や臨機応変な判断を下すことができます。

また、ENTJ-Tの特徴は、新しい環境になじむ際や変化にも対応できる能力です。適応力があるENTJ-Tは、新たな環境でも自分の強みを活かしながらリーダーシップを発揮するでしょう。ENTJ-Tの適格な判断に、多くの人が信頼を寄せるはずです。

ただし、ENTJ-Tには内向的な一面もあります。自己分析を客観的に行うENTJ-Tは、自分に対して批判的になることも。しかし、批判的な思考で自分の短所や欠点を見つけた際は、それらを強化するために効率的な手段を見出すでしょう。結果、自分の成長につながるため、ENTJ-Tにとって効果的な結果をもたらします。

ENTJ(指揮官型)は、リーダーシップに優れているんだよ!

【ENTJ-AとENTJ-T】の恋愛の違い

性格の特徴がことなるENTJ-AとENTJ-Tですが、恋愛傾向を気にする方は多いのではないでしょうか。ENTJ-AとENTJ-Tの恋愛傾向は、性格特徴同様に異なります。以下では、それぞれがどのような恋愛傾向や価値観を持っているのかまとめています。自分やパートナーに照らし合わせながら、ENTJ(指揮官型)の理解を深めてみましょう。

ENTJ-Aの恋愛傾向

ENTJ-Aは、強いリーダーシップを持っています。この特徴は、恋愛においても大いに発揮される強みです。

ENTJ-Aは、パートナーに対して強いリーダーシップを発揮しながら、互いの目標に向かって一緒に努力することができます。パートナーと目標を共有し合うことで、目標達成に向けて強いやる気を出すタイプです。そのため、パートナーと目標共有をすることは効果的。より良い関係を構築できるでしょう。

また、ENTJ-Aの特徴である意志の強さと自信は、パートナーの支えにもなります。パートナーが落ち込んだり悩んでいる際は、パートナーを励まし、一緒に解決に向かって対策を練るタイプです。ENTJ-Aにとって、パートナーは良き相棒であり、互いに尊重し合いながら高め合える関係を築けるでしょう。

ENTJ-Tの恋愛傾向

ENTJ-Tは、冷静な判断や客観的な視点を備えています。パートナーと意思の違いや口論でトラブルになったとしても、冷静になって解決策を導けるでしょう。

また、ENTJ-Tは孤立性やバランスが取れた関係を重要視します。パートナーとの目標に対し、より効率的に成果が出る手段を見つけ、的確に目標達成に向かっていくでしょう。もしも、互いの弱点や弱みを発見したならば、それぞれが補い合うために互いを尊重しながら良い関係を築くはずです。

ENTJ-Tは、ストレスに敏感なので時には自分の時間を大切にするなど、パートナーと自分のバランスを保ちながら恋愛を楽しむタイプといえるでしょう。

ENTJ-Aは、リーダーシップを発揮しながらパートナーを引っ張っていくよ!ENTJ-Tは、冷静な判断で、パートナーと一緒に進んでいくタイプだよ!

【ENTJ-AとENTJ-T】の仕事の違い

一般的に、ENTJ(指揮官型)は、リーダーシップや計画性を発揮できる仕事が向いているといわれています。しかし、同じENTJ(指揮官型)でも、ENTJ-AとENTJ-Tでは向いている職業も異なります。以下では、それぞれの働き方や働く価値観について解説しています。ENTJ-AとENTJ-Tの仕事観を参考に、自分に合う職業を探してみましょう。

ENTJ-Aの働き方や仕事の価値観

ENTJ-Aは、強いリーダーシップに長けており、自信に満ちています。人に指示されるだけの仕事や、自分の意見を言えないような仕事は苦手とします。お客さまに対して提案をしたり、チームで仕事をする働き方で好成績を収めるタイプです。

ただし、責任感が強いあまり、自分自身にタスクを課せすぎて重荷になることも。リーダーシップを発揮するあまり、チームメンバーに助けを求められないまま、仕事を貯めすぎてしまう可能性もあります。ENTJ-Aのコミュニケーション能力は、助けを求める際にも活かせます。相手の状況を考えた上で、自分に負担がかかりすぎないよう周りに助けを求めてみましょう!

ENTJ-Tの働き方や仕事の価値観

ENTJ-Tは、冷静な判断力や客観的な視点に優れています。そのため、情報分析やデータ分析などの仕事で力を発揮しやすいです。自社が置かれている状況や顧客状況をしっかり分析してて判断する姿勢は、周囲から高い評価を得るでしょう。

ただし、ENTJ-Tは内向的な一面もあるため、自分だけで判断・進行していく仕事には向いていません。周囲の意見や協力を大切に、最適な手段で仕事を進めていくため、チームで協力してできる働き方がおすすめです。たとえ、自分の意見がメンバーに理解されなくても、「どうして理解されなかったのか」原因を突き詰め、修正しながらメンバーとの関係構築をしていくでしょう。同様に、メンバーの意見に対しても「なぜそう思うのか」相手への尊敬を忘れず丁寧にくみ取りながら、良き仕事仲間を作れるはずです。

ENTJ-Aは自分の意見を伝える仕事で、ENTJ-Tは相手の意見を汲み取る仕事ができると、互いの強みを発揮できそう!

【ENTJ-AとENTJ-T】の相性

結論、ENTJ-AとENTJ-Tの相性はいいです。
リーダーシップを発揮するENTJ-Aに対し、冷静な判断ができるENTJ-Tは、良きチームメイトとなるでしょう。目標に向かって周囲をENTJ-Aが引っ張りながら進みます。その横で、ENTJ-Tが、最適な計画や戦略で効率的に目標達成の手段を考案するでしょう。

互いを尊重し合えば、ENTJ-A・ENTJ-Tそれぞれの短所を補い合える関係になれるはずです。互いを支え合いながら目標に向かっていけば、必ず目標を達成できます。

しかし、時には互いの行動や判断に対して違和感を感じる可能性も。その際は、しっかりとコミュニケーションを取るようにしましょう。相手の考えや意見に向き合い、自分の意見もしっかり伝えれば、互いの理解が深まりより良い関係を築けます。

意見の食い違いが起こった際は、焦らずに落ち着いてコミュニケーションをとってみよう!必ず解決策が浮かんでくるよ!

ENTJ(指揮官型)の「A」と「T」の違いを理解し日常生活に活かしてみよう!

同じENTJ(指揮官型)でも、A(自己主張型)とT(慎重型)では、特徴が異なります。
強いリーダーシップを持つENTJ-Aと、冷静な判断力に長けているENTJ-Tでは、向き不向きも異なりますが、両者が協力すればさまざまな困難を乗り越えられるはずです。時には、意見の食い違いでぶつかることもありますが、その都度相手に向き合ってコミュニケーションを重ねれば、互いの理解が深まるでしょう。結果、よりよい関係構築につながります。

今回の記事を参考に、ENTJ(指揮官型)の理解を深め、日常生活や人間関係に役立ててみてください。

MBTI診断の関連記事

MBTI診断について

MBTI診断の解説
MBTI診断とはAとTの違い各タイプの相性一覧
ランキングまとめ良い相性一覧悪い相性一覧

性格タイプ別の性格・特徴・相性・適職

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別のあるある

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

AとTの違い

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の恋愛・結婚

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の適職・職業・仕事選び

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプのランキング

ランキング
日本人に多いランキング性格良いランキング性格悪いランキング
嫌われるランキング生きづらいランキング怒ると怖いランキング

性格タイプ別の生きづらさ

性格タイプ別
INFJISFJISFPENFP

韓国アイドルの性格タイプ

韓国アイドル別
韓国アイドル一覧TREASURETWICE
ENHYPENTXTNCT
SEVENTEEN(セブチ)

性格悪いと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

頭おかしいと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP
※本記事は、16Personalities性格診断テストを参考に制作しております。一般社団法人日本MBTI協会およびMBTI診断とは関係ありません。