ENFP(広報運動家型)の適職は?おすすめの職業7選と仕事選びのコツを紹介

KANON
MBTI診断でENFP(広報運動家型)だったから色々調べてみたら「仕事ができない」って出てきて、自分のキャリアが不安になっちゃったな…。
KARIN
ENFP(広報運動家型)は、毎日同じ作業を繰り返したり、単調な作業に飽きやすい性格だから、退屈な仕事はできないと言われているよ。でも、ENFP(広報運動家型)の自由な発想や高いコミュニケーション能力など長所を活かせる仕事はたくさんあるから、一緒に向いている仕事を考えてみよう!

楽観主義で直感型、自由なアイディアが豊富なENFP(広報運動家型)は、その特性を活かし活躍できる仕事がたくさんあります。ENFP(広報運動家型)の特性を活かしながら活躍している人はあらゆる職種に存在しています。

今回は、ENFP(広報運動家型)の特性を説明しながら、ENFP(広報運動家型)に合う仕事を紹介します。ENFP(広報運動家型)の長所や短所も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ENFP(広報運動家型)は仕事できないって本当?

ENFP(広報運動家型)は、好奇心が高く、新しいことに積極的に挑戦することを楽しむ性格です。そのため、一つのことに長続きせず飽きっぽい一面があります。また、自由に自分のペースで進めることを好むため、束縛を嫌います。こういった特性から、単純作業や細かな作業を苦手とし、一部の職種では「仕事ができない」と言われています。

一方で、ENFP(広報運動家型)は前向きに物事を考えるのが得意です。社交的な性格から、良好な人間関係を築くことが得意という特性もあります。

好奇心旺盛で、新しい領域にも躊躇なく挑戦し走り続けられる行動はのことから、自由創造的な理想家ともいわれているよ!

ENFP(広報運動家型)の長所・強み・得意なこと

ENFP(広報運動家型)の長所は、好奇心旺盛な性格なところです。常に変化を求めて、新しさや刺激を求めるタイプなので、新しいアイデアを考えることや発想することが得意で、思い立ったらすぐに行動に移せます。失敗を恐れず挑戦する姿勢は、仕事において重宝される強みです。また、ENFP(広報運動家型)は、エネルギッシュな情熱を持ち合わせているため、興味があることに高い集中力をもって取り組めるでしょう。目標が定まっている場合は、社交的な人柄と高いコミュニケーション能力を活かし、目標達成できるようにチームを引っ張るリーダーシップを発揮します。常に楽しさや挑戦を求めるENFP(広報運動家型)の楽観的な性格は、自然と周囲の人を明るくさせる効果もあり、とても魅力的な性格です。

ENFP(広報運動家型)の着飾らない自然体な性格に、魅力を感じる人は多いよ♩

ENFP(広報運動家型)の短所・弱み・苦手なこと

好奇心が強い反面、ENFP(広報運動家型)は、さまざまなことに目移りをしてしまう短所があります。そのため、飽きが早く一つのことが長続きしないです。また、自分の興味ある分野に対しては熱意をもって取り組みますが、興味がない分野に対しては実行するまでに時間がかかるでしょう。

ENFP(広報運動家型)は、直感的に行動する感情型タイプが多いため、先を見て計画を立てることも苦手です。仕事において、プロジェクトを計画的に進めていったり、一つの業務だけをやりつづけることは、ストレスを感じやすいでしょう。

周囲の変化や反応に敏感なENFP(広報運動家型)は、周囲からのプレッシャーも感じやすいよ。一度ストレスを感じると、抱え込んでしまう場合もあるので、自分に合ったストレス発散方法を知っておくのがおすすめ。

ENFP(広報運動家型)に向いている仕事3選

ENFP(広報運動家型)は、「好奇心旺盛」「高いコミュニケーション能力」「周囲を巻き込む明るさ・気遣い力」を活かして仕事をするのが向いています。以下では、ENFP(広報運動家型)に向いている仕事を紹介します。参考にしてみてください。

INFPの適職1:お客さま直接関わる仕事

高いコミュニケーション能力と明るい人柄を活かし、お客さまと直接かかわる仕事がENFP(広報運動家型)には向いています。具体的には、営業職やキャリアアドバイザーが挙げられます。

営業職

営業職は、企業や個人に対して商品・サービスを提案し、契約を取ります。業務の大半が、お客さまとのコミュニケーションになるため、高いコミュニケーション能力を持つENFP(広報運動家型)の長所を活かせる仕事です。

また、目標に向かってチームを巻き込みながら行動できるENFP(広報運動家型)は、自身が提案する商品やサービスに興味があればあるほど、高い成果を発揮できる可能性があります。楽観的な性格だからこそ、目標数値達成のプレッシャーやお客さまからのクレームに対しても、ストレスを抱え込まず、自分らしく働けるでしょう。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、キャリアについて悩む相談者に対し、適切なカウンセリングを行いながらキャリアプランを一緒に考える役目です。相談者の根本的な悩みや、本音を聞き出すためには、高いコミュニケーション能力が必須のためENFP(広報運動家型)に向いている仕事といえます。また、相手の細かな言動や反応に瞬時に反応できるENFP(広報運動家型)であれば、相談者を不快な気持ちにすることなく、相手に合わせた提案ができるでしょう。

ENFP(広報運動家型)の明るい性格は、相談者が抱える悩みや不安を取り除く効果も期待できます。そのため、キャリアアドバイザーとしての評価も高くなるでしょう。これらの理由からも、ENFP(広報運動家型)には、キャリアアドバイザーが向いているといえます。

INFPの適職2:独創的なアイディアを活かせる仕事

自由な発想や直感的なアイディアを得意とするENFP(広報運動家型)は、自身が考えついた発想を形にする仕事にも向いています。具体的には、WEBプロデューサー・コピーライター・動画配信者などクリエイティブを必須とする仕事です。

WEBプロデューサー

WEBプロデューサーとは、WEB制作において企画立案や制作、運用などのWEB制作に関連する全ての業務を担う総責任者のことをいいます。チームのメンバーをまとめながら、クライアントと対応も行うため、ENFP(広報運動家型)のコミュニケーション能力を発揮できる仕事です。

また、WEBプロデューサーのように0から1をつくる仕事は、創造性があり独自のアイディアを持つENFP(広報運動家型)にとって、自由があり楽しめる仕事でしょう。スキルがあればあるほど、WEBプロデューサーの仕事は成果が見えやすいです。興味があることに対し集中して取り組めるENFP(広報運動家型)は、WEBプロデューサーとしてのスキルを向上させられれば、キャリアアップにつながる可能性もあります。

コピーライター

商品やサービスについて、一言でわかりやすく伝える仕事を担うのが、コピーライターです。高い観察力で洞察することが求められるため、ENFP(広報運動家型)に向いている仕事だといえます。

一見、単独で仕事をしそうなコピーライターですが、クライアントからの依頼に対しチームで対応するため、一人で仕事をするのが苦手なENFP(広報運動家型)も安心して働けます。中には、コピーライターとして経験を積んだ後、フリーランスとして活躍する人も多いです。フリーランスは、時間や場所に縛られることなく、自分の裁量で働けるので、束縛を嫌うENFP(広報運動家型)におすすめの働き方でもあります。

動画配信者

動画配信者は、動画配信サイトやSNSで録画配信・生配信を行い、広告収入や投げ銭で報酬を得る仕事です。最近だと、YouTuberやライバーなどが挙げられます。

配信内容は配信者によりますが、基本的に流行りの内容や専門性が高い内容の配信が人気です。ENFP(広報運動家型)は、興味あることに対し熱中的に取り組むことができるため、特定の分野において専門性が高い配信が期待できます。加えて、動画配信では、視聴者が観ていて飽きない動画にするためにトークスキルが求められます。高いコミュニケーション能力を持つENFP(広報運動家型)にとって、動画配信者は素質を最大限に活かせる職業といえます。

動画配信者の注意点は、炎上や報酬にムラがある点です。報酬を安定的に稼げるようになるまで下積み期間が長いというデメリットもあるので、リスクを理解した上で挑戦するようにしましょう。

INFPの適職3:誰かをサポート(おもてなし)する仕事

周囲への配慮や洞察力がすぐれているENFP(広報運動家型)は、「だれかのために」直接おもてなしやサポートをする仕事もおすすめです。具体的には、介護職やホテルスタッフが挙げられます。

介護職

介護職は、介護を必要とする高齢者や病人(要介護者)に対して介護する仕事をいいます。勤務地は老人ホームや病院が一般的です。

介護サービスをする上で最も重要なのは、相手の変化に気づく洞察力です。要介護者の体調不良や身体の変化にいち早く気づくことで、病気や体調の悪化を防げます。要介護者も、自分の変化にいち早く気づいてくれる介護者がいることで、安心して介護サービスを受けられるでしょう。

また、要介護者の中にはさまざまな人がいます。相手に合わせたコミュニケーションができるENFP(広報運動家型)は、高いコミュニケーション能力を活かしながら要介護者の方々と良好な関係を築けるでしょう。

ホテルスタッフ

ホテルスタッフは、お客さまに対してフロントで受付対応をしたり、荷物を運んだり、ベッドメイキング等を担う職種です。ホテルスタッフには高いコミュニケーション能力とホスピタリティが求められ、ENFP(広報運動家型)の長所が活かせるでしょう。

また、洞察力に優れているENFP(広報運動家型)は、お客さまの行動を先回りしたおもてなしが得意です。その結果、お客さまから高い評価を受け、実績にもつながります。そういった点から、ホテルスタッフはENFP(広報運動家型)に向いている職種です。

対面でお客さまと向き合う仕事や、「ありがとう」を直接聞ける表向きの仕事に、ENFP(広報運動家型)は特にやりがいを感じるよ♩

ENFP(広報運動家型)に向いていない仕事3選

次は、ENFP(広報運動家型)に向いていない仕事を紹介します。細かい作業や単調で地道な作業を苦手とするENFP(広報運動家型)は、それらの仕事をするとストレスを感じやすいです。ENFP(広報運動家型)の性格を理解した上で、仕事選びをしてみましょう。ただし、向いていない仕事だからと言って「できない」ということはないです。苦手部分を意識して改善すれば、余裕をもって働けます。

細かな作業を伴う仕事

束縛を嫌うENFP(広報運動家型)は、厳格なルールや規則がある仕事、細かな作業を担う仕事だとストレスを感じやすいです。具体的には、設計士やITエンジニア、銀行員などが考えられます。

設計士

設計士は、建築物の基本的な設計を考え、図面に正確に書きおこす仕事です。設計士が書きおこした設計図は、建築現場の作業を左右する重大な存在になるため、ミスは許されません。少しでも設計がずれていれば、建築作業に大きな悪影響を及ぼす可能性があります。

ENFP(広報運動家型)は、楽観主義で飽き性という特性を持っています。集中力が不足しやすいといった短所もあるので、正確性が求められる設計士には向いていないでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアは、クライアントの課題を解決するためのシステム設計や構築、導入や運用などを担う仕事です。システムを構築する際、複雑なコードをパソコンに打ち込みながらシステムを作りあげます。一つでもコードが違えば、システムは完成しない点から高い集中力が必要です。

クライアントの要望を正確に汲み取るための打合せの場や、メンバーをまとめるプロジェクトマネジメントなどの業務では、ENFP(広報運動家型)の高いコミュニケーション能力は発揮できます。しかし、システム構築などの細かな作業になると、ENFP(広報運動家型)が苦手とする作業のため、ストレスを感じやすいでしょう。

銀行員

お金を扱う銀行での勤務は、一般企業に比べて規則が多いです。のびのび働くことを好むENFP(広報運動家型)にとって、ストレスを感じやすい職場でしょう。

銀行員は、莫大なお金を管理する仕事です。お客さまの大切なお金を預かって運用したり、企業に対して融資を行ったり、お金にまつわるさまざまな業務を担います。そのため、金融庁の管轄下で、さまざまなルールや細かい手続きも求められます。

これらの理由から、自由を好み、束縛やルールを嫌うENFP(広報運動家型)には向いていません。

単調で地道な仕事

新しいことへの挑戦を好むENFP(広報運動家型)は、刺激が少ない単調な作業や繰り返し作業に退屈さを感じやすいです。また、集中力が持たないという特徴から、単調で地道な作業は向いていないでしょう。具体的には、コールセンターや工場の作業員が挙げられます。

コールセンター

コールセンターとは、お客さまからの問合せに対応したり、お客さまにサービスや商品の紹介・提案を電話を通じて行う仕事です。基本的には、電話を通じて行うため、お客さまに直接会う機会はありません。

お客さまからの問合せで多いのが、クレームです。一般的には、企業ごとにクレームを受けた際のマニュアルが用意されています。しかし、コミュニケーションを好むENFP(広報運動家型)にとって、一方的に受けるクレームはストレスを感じやすいです。また、毎日コールセンター業務時は、座りっぱなしで対応をし続けるため日々の業務に大きな変化がなく、刺激を感じにくいでしょう。

工場作業員

工場作業員の中でも、特にライン作業を担う業務はENFP(広報運動家型)に向いていません。ライン作業とは、流れてくる製品に対し1作業または2作業程度の簡単な単純作業を繰り返します。特別な知識や経験を必要としない一方で、毎日同じ作業の繰り返しのため刺激がありません。

またライン作業では担当分野ごとに決められた作業をこなす必要があります。独創的な発想や自由な働き方を好むENFP(広報運動家型)にとって、刺激が少ない環境で決められた業務だけをこなすことは、ストレスにつながるでしょう。

人との関りが少ない仕事

チームでの作業や人とのコミュニケーションを好むENFP(広報運動家型)にとって、人との関わりが少ない仕事は向いていません。具体的には、トラック運転手や施設警備員が挙げられます。

トラック運転手

トラック運転手の仕事は、荷物の配達です。慣れてくると、毎日同じ荷主・ルート・配送先になるため、ルーティン業務になりがちというデメリットがあります。そのため、刺激が少なくENFP(広報運動家型)には向いていないでしょう。

また、トラック運転手は基本的に一人で行動をします。長距離移動も伴う仕事ですが、その際も一人で運転をしなくて行けないため、チームで働くことを好むENFP(広報運動家型)には苦痛でしょう。運転には高い集中力も必要不可欠です。集中力の持続が苦手なENFP(広報運動家型)にとって厳しい仕事です。

施設警備員

施設警備員とは、盗難などの事故発生を未然に防ぐために警備する仕事です。主に、事務所や住宅、興行場、駐車場などで勤務します。

警備員の働き方の特徴は、シフト制という点です。そのため、自分の担当時間内は一人で勤務しなくてはいけないケースも多々あります。チームで仕事をすることやコミュニケーションを好むENFP(広報運動家型)にとって、一人で仕事をすることはストレスにつながるでしょう。

また、異常やトラブルが発生しない際は仕事がほとんどありません。トラブルが発生しないことが1番ですが、何もしない時間が長く続くことは、ENFP(広報運動家型)にとって退屈に感じるでしょう。

シフト制の仕事や、夜勤勤務を伴う仕事、黙々と一人で研究をしなくてはいけない研究者もENFP(広報運動家型)にとってストレスを感じやすいよ。

ENFP(広報運動家型)におすすめのアルバイト3選

ENFP(広報運動家型)にとって、楽観的な性格や高いコミュニケーション能力を活かして活躍できるアルバイトとして、飲食店のサービス業やイベントスタッフなどです。以下では、具体的な職種に絞って紹介をしますが、そのほかにもおすすめのアルバイトはたくさんあります。ぜひ参考にしてみてください。

イベントスタッフ

イベントスタッフの主な仕事内容は、コンサート会場やスタジアム、競技場でのイベント実施に向けた会場設置、グッズ販売、接客、警備、後片付けなどです。長時間同じ作業をするケースが少ないので、さまざまなことに対して広く興味を持つENFP(広報運動家型)におすすめのアルバイトといえます。

開始前の会場準備では、なかなか見る機会がない会場の裏側を覗けます。普段は見ない光景に刺激を受ける人も多いです。また、イベントに参加するお客さまに対し、接客を行ったり案内をすることは、高いコミュニケーション能力を備えるENFP(広報運動家型)にとって最適な仕事でしょう。

イベント成功は、一人だけの力では絶対に不可能です。チーム一丸となってイベント運営をした結果、イベント成功につながります。そういった点でも、チームで働くことを好むENFP(広報運動家型)にとっておすすめです。

居酒屋

居酒屋にはさまざまな世代のお客さまが集います。そのため、ENFP(広報運動家型)の高いコミュニケーション能力を発揮し、お客さまに対し適切な接客ができるでしょう。

特にホールスタッフがおすすめです。キッチンよりもホールスタッフの方がお客さまと関わる機会が多いので、コミュニケーション能力を発揮しやすいでしょう。お客さまごとに注文や要望が違うので、ENFP(広報運動家型)の洞察力を活かし、お客さまの要望を先読みしたサービスを提供すれば、評価にもつながります。

アパレル

アパレルでは、接客販売や売り場作り、在庫管理などを担います。ENFP(広報運動家型)の高いコミュニケーション能力を発揮し、接客販売で活躍するのはもちろん、慣れてきたら売り場作りなどでも活躍できるでしょう。

売り場環境は、お客さまが店頭に入るか判断する大切なきっかけです。お客さまが魅力を感じる売り場にしなくては、来店してもらえません。ENFP(広報運動家型)は、独自の発想や魅力的なアイディアで、お客さまを魅了する売り場を作れるでしょう。また節によって店頭に置かれる商品が変わるため、変化に刺激を受けながら働けます。

講師やスポーツトレーナーなど、人に教えるアルバイトもENFP(広報運動家型)の高いコミュニケーション能力と洞察力を発揮して活躍できるよ!

ENFP(広報運動家型)が就活や転職活動で使える自己PRのポイント

ENFP(広報運動家型)に向いている仕事を認識したら、自分が向いている仕事に就くために就活や転職活動を突破しなくてはいけません。就活や転職活動の際、大切なのが自己PRです。自分の性格や長所を活かした上で、志望企業ではどのような活躍ができるかを明確に伝える必要があります。

以下は、ENFP(広報運動家型)の特性を活かした自己PRです。

自己PRの例文

私の長所は、創造性豊かな考えや発想ができる点です。この長所を活かし、常に新しい視点から課題に取り組んで参りました。状況に応じて柔軟に対応し、クリエイティブな解決策を見つけることが得意なので、前職では職場環境の改善や新制度の導入実績があります。また、持ち前のコミュニケーション能力を生かして、チームを鼓舞して一緒に素晴らしい成果を生み出すことも得意です。チームワーク、情熱、ポジティブなエネルギーを持ち合わせ、人々を魅了しながら、チームを成功へと導くことをモットーとしています。貴社で、私の長所を活かし、新しいプロジェクトやチームに貢献できることを楽しみにしています。

ENFP(広報運動家型)の長所でもある、創造性豊かな考え方やコミュニケーション能力をアピールするだけでなく、過去の実績を伝えると効果的です。また、長所をどのように活かし、その企業で働くかを伝えると面接官が入社後の活躍をイメージしやすくなるでしょう。

過去の実績を話すときは、第三者からの評価も伝えるとより効果的だよ!

ENFP(広報運動家型)が適職に就くためのチェックポイント

ENFP(広報運動家型)が適職に就くためのポイントを4つ紹介します。以下で紹介されている4つのポイントは、ENFP(広報運動家型)の特性や長所を活かせる仕事や環境探しに重要なポイントです。

4つのチェックポイントを参考にしながら、自分の適職を探してみてください。

ポイント1:人と関わる仕事を選ぶ

ENFP(広報運動家型)の強みは、高いコミュニケーション能力です。この力を最大限に発揮するには、人と関わる仕事を選ぶようにしましょう。

特に営業や接客業など、相手との関係構築が求められる仕事がおすすめです。相手の変化に瞬時に気付くことが求められる介護職もいいでしょう。

高いコミュニケーション能力と明るい楽観的主義な性格で、多くの人を巻き込みながら活躍できます。

ポイント2:裁量性のある環境を選ぶ

ENFP(広報運動家型)は、自由度が高い仕事を好みます。そのため、仕事の進め方や納期などを自由に決められる裁量性の高い仕事や環境を選ぶのがおすすめです。

例えば、外回りがある営業職や少数精鋭の会社がいいでしょう。最初は、自分に責任があるためプレッシャーに感じるかもしれませんが、慣れてくれば強みを発揮しながら、仕事を楽しめるはずです。

また、フリーランスとして働くのもいいでしょう。ある程度の経験を積んでから、独立しフリーランスになる人は多いです。すべての仕事が自分の裁量で決まるため、やりがいも感じやすくストレスフリーで働けます。

ポイント3:クリエイティブ性を活かせる仕事を選ぶ

ENFP(広報運動家型)は、創造性や発想力が豊かで、独創的なクリエイティブを得意とします。そのため、自身のクリエイティブ性を活かせる仕事がおすすめです。

具体的には、イラストレーターやカメラマン、WEBデザイナーなどが挙げられます。これらの仕事は、自身のアイディアを形にしながら他のサービスやデザインとは異なる特徴が求められます。アイディアを出すことに苦を感じる人には向いていない仕事です。

しかし、ENFP(広報運動家型)は持ち前の発想力を活かし、クリエイティブ性が求められる仕事を楽しめるタイプだといえます。専門性が高い仕事であるゆえに、やりがいも大きく、ENFP(広報運動家型)におすすめです。

ポイント4:失敗を許容する文化が根付いている職場を選ぶ

ENFP(広報運動家型)は、好奇心旺盛でさまざまなことに挑戦をしたいという希望が強いです。失敗を恐れずに挑戦するのは良いことですが、挑戦する分ある程度の失敗は発生するでしょう。そのため、失敗を許容する文化が根付いている職場がおすすめです。

ベンチャー企業や成長企業だと、失敗を許容する文化が根付いている傾向があります。メンバーのスキルアップには挑戦が必須であり、トライアンドエラーを繰り返しながら成長スピードを早めていくことを大切にしているのです。

反対に、一度失敗したら昇格が厳しくなるような厳しい環境だと、ENFP(広報運動家型)の長所を活かしきれず、ストレスを抱えやすくなります。そういった環境は選ばずに、失敗を許容してくれる環境や職場を選びましょう。

スタートアップ企業やベンチャー企業のような「成長企業」がENFP(広報運動家型)にチャレンジしてみるのもおすすめ!毎日新しい刺激で、スキルアップも叶えられるよ!

ENFP(広報運動家型)の強みと弱みを理解して自分の天職を見つけよう!

自由や挑戦を好み、楽観的な性格で周囲を明るくできるENFP(広報運動家型)の強みは、営業職やクリエイティブ系の仕事、介護職などが天職です。一方で、単純作業を行う工場の作業員や施設警備員などは、ストレスを感じやすく向いていません。

自分の性格に合った仕事に就くことで、モチベーションが上がり、成果が出しやすいです。ENFP(広報運動家型)であれば、まずはその特性や強み、弱みを理解してみましょう。その上で合う仕事を探せば、きっと天職になります。ぜひ、あなたの天職を見つけてみましょう!

MBTI診断の関連記事

MBTI診断について

MBTI診断の解説
MBTI診断とはAとTの違い各タイプの相性一覧
ランキングまとめ良い相性一覧悪い相性一覧

性格タイプ別の性格・特徴・相性・適職

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別のあるある

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

AとTの違い

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の恋愛・結婚

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の適職・職業・仕事選び

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプのランキング

ランキング
日本人に多いランキング性格良いランキング性格悪いランキング
嫌われるランキング生きづらいランキング怒ると怖いランキング

性格タイプ別の生きづらさ

性格タイプ別
INFJISFJISFPENFP

韓国アイドルの性格タイプ

韓国アイドル別
韓国アイドル一覧TREASURETWICE
ENHYPENTXTNCT
SEVENTEEN(セブチ)

性格悪いと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

頭おかしいと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP
※本記事は、16Personalities性格診断テストを参考に制作しております。一般社団法人日本MBTI協会およびMBTI診断とは関係ありません。