ESTP(起業家型)の適職は?おすすめの職業7選と仕事選びのコツを紹介

KANON
MBIT診断でESTP(起業家型)だって分かったから、自分に向いている仕事を探してみたの。そしたら、ESTP(起業家型)は仕事ができないって書かれてて…。向いてる仕事があるのか教えてほしいな。
KARIN
ESTP(起業家型)は、ルールやマニュアルに厳しい仕事や単調な仕事の繰り返し作業は不向きだと言われているよ。だけど、ESTP(起業家型)の長所、例えば社交性や行動力を活かせる仕事はたくさんあるから、どの仕事が向いているか一緒に見ていこう!

ESTP(起業家型)は、アクティブで活動的です。また、コミュニケーション能力や洞察力など、仕事に活かせる特性が多々あります。今回は、ESTP(起業家型)の長所や特性を解説しながら適職を紹介します。また、仕事選びをする際のコツもお伝えしますので、参考にしてください。

ESTP(起業家型)は仕事できないって本当?

結論、ESTP(起業家型)は、仕事ができないわけではありません。
考えるよりも先に体が動き出すESTP(起業家型)は、情熱的でエネルギッシュな性格をしています。裏を返せば、落ち着きがなくせっかちということ。次から次へと新しい事に興味を持つため、ひとつのことに集中して淡々とこなすのが苦手です。このような特徴から、同じ作業を繰り返すような一部の職種では、仕事ができないと言われてしまうことがあります。

一方、達成するのが難しい課題や目標に対してやる気になるのが、ESTP(起業家型)目標達成のためなら、作業をコツコツ進めることも苦にならないという堅実な部分も持ち合わせています。

ひとつのことに集中して淡々とこなす仕事は苦手な方かもしれないけど、難しい課題をこなすためなら、地味な作業も頑張ってやれるんだね。

ESTP(起業家型)の長所・強み・得意なこと

ESTP(起業家型)の長所は、未体験のことにも果敢に挑戦することです。行動し始めるのと同時に、周囲を観察し冷静に判断できるのが強みで、仮に失敗をしても「次に活かせたら良い」と考えられるポジティブ思考をしています。

また、新しい環境へも物怖じせずに飛び込み、時間をかけずになじめるといった順応性の高さもESTP(起業家型)の魅力のひとつ。周りの人と上手にコミュニケーションを取るのも得意で、人から慕われることも多く、人をまとめる能力にも長けているため、リーダーとして力を発揮できるでしょう。

ポジティブ思考で判断力に優れているからリーダーシップを図るような仕事で力を発揮できるのね!

ESTP(起業家型)の短所・弱み・苦手なこと

興味のあることに対して瞬時に動きだすESTP(起業家型)は、その時の感情を優先してしまうことが短所になってしまうことがあります。立てられた計画に関心を持てず、計画通りに物事を進めるより状況に応じて対応したいと突っ走ってしまう傾向があり、計画通りにきっちりと作業しなければならないような仕事には、窮屈さを感じてしまうでしょう。

また、ESTP(起業家型)は、ひとつのことに気持ちが続かず、他の事に興味が移りがちです。規則やルールに従うのも苦手なため、仕事へのモチベーションを保てない可能性もあります。

ESTP(起業家型)は、その時の感情や状況に合った行動をしたいと考えているから、計画通りに物事を進めるのが苦手なのね。

ESTP(起業家型)に向いている仕事7選

ESTP(起業家)はアクティブで行動的。また、人と関わることや状況に応じた冷静な判断ができるので、リーダーとしても能力を発揮できるでしょう。ここでは、ESTP(起業家型)に向いている仕事を紹介します。

ESTPの適職1:行動力を活かせる仕事

ESTP(起業家型)は新しいことに興味を持ち、果敢に挑戦する行動力を活かせる仕事が向いています。また、物事を楽天的に捉えられるポジティブ思考を活かせる仕事もおすすめです。具体的には、不動産業や起業家があげられます。

不動産業

不動産業は、土地の取得や住宅建設、都市開発などを行います。建物の清掃や管理も不動産業の仕事です。入居者を集めたりトラブルに対応したりなど、さまざまな業務があります。チャレンジ精神やフットワークの軽さ、ポジティブ思考は不動産業には欠かせないスキルです。

また不動産業は、土地や建物の売り手と買い手を繋げる役割も果たします。両者が気持ち良く取引するためには、間に入る不動案業者の手腕が鍵となります。ESTP(起業家型)のコミュニケーション能力が役立つでしょう。

起業家

起業家は、何もないゼロの状態から新しい事業を立ち上げる人のことを言います。何もない状態から始めるというのは、行動力がなければできることではありません。ESTP(起業家型)の瞬時に物事を判断し、即座に動き出す能力がおおいに役立つことでしょう。

また、企業は何もない状態から立ち上げることですから、計画通りにいくことばかりではありません。途中でくじけたり、状況に応じた対応ができなかったりして頓挫する可能性もあります。しかしながら、忍耐力がありポジティブ思考のESTP(起業家型)なら、失敗しても落ち込まず気持ちを切り替えて新しい方法で挑戦できるはずです。

マーケティング

マーケティングは、世の中のニーズを探り、それに合う新しい商品やサービスを企画したり販売に向けての営業戦略を立てたりします。マーケティングに必要なスキルは、調査や分析能力、集客や情報収集などとなり、ESTP(起業家型)の新しいことに興味を持ち行動する特徴や判断力が活かせる仕事といえるでしょう。

また、マーケティングは複数の関係者と連携を取る仕事でもあります。コミュニケーション能力が高いESTP(起業家型)の長所を活かし、自分らしく働けるはずです。

ESTPの適職2:コミュニケーション能力を活かせる仕事

ESTP(起業家型)は、社交性があり人と関わるのが上手です。また、物事をしっかりと見極めて判断する能力にも長けているため、それらの長所を活かせる仕事がおすすめ。具体的には、営業職や販売の仕事が挙げられます。

営業職

営業職は、企業や顧客を相手に商品やサービスを売り込み契約するのが仕事です。契約のために、お客様がほしい情報を提供することもあります。社交的で円滑なコミュニケーションを取ることが得意なESTP(起業家型)に向いている仕事と言えるでしょう。

また、営業の仕事には目標達成するという明確な目的があります。積極的でチャレンジ精神があるESTP(起業家型)は、目標を達成という大きな課題にやりがいを感じ取り組んでいけるでしょう。

販売

販売の仕事としては、店舗に来客したお客様への接客、商品の発注や品出し、レジ打ちなどがあげられます。お客様とコミュニケーションを取るだけでなく、何を求めているかお客様のニーズに応えることも大切な仕事です。優れた観察力を持ち、誰とでも打ち解ける親しみやすさを持つESTP(起業家型)の長所を活かせます。

また、ESTP(起業家型)は、人をまとめる能力や調整力にも長けているため、いずれは店長などの役職に付きリーダーシップを発揮することもあるでしょう。

ESTPの適職3:リーダーシップを発揮できる仕事

物事を冷静に分析判断できるESTP(起業家型)は、リーダーシップをとる仕事がおすすめです。具体的には、プロダクトマネージャーやCEO(最高経営責任者)があげられます。

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーの仕事は、市場のニーズ調査から始まり、市場のニーズに合ったサービスや製品の開発、販売に繋げることです。また、企業が顧客に提供するサービスや製品に対する責任があり、市場にマッチしなかった場合は、撤退や終了するといった最終的な決定権も持っています。リーダーシップを取ることができるESTP(起業家型)なら、情報収集や状況に応じた判断能力、業務を遂行する行動力などを兼ね備えているため、プロダクトマネージャーとして力を発揮できるでしょう。

また、プロダクトマネージャーの仕事はさまざまな部署の協力があってこそ成り立ちます。ESTP(起業家型)の社交性を活かせば、スムーズに連携を図れるようになるでしょう。

CEO(最高経営責任者)

CEO(最高経営責任者)は、企業の経営に関する全ての業務をまとめて、責任を負う人のことを言います。経営に関する全ての業務とは、利益を上げることだけではありません。どのようにしたら社員を集められるか、効率良く働ける環境を作れるかなど細部にまで気を配り考える必要があります。働く人たちを上手にまとめられるかどうかも経営状況に影響を与えます。統率力がありリーダシップがあるESTP(起業家型)なら、CEOとして、力を発揮できるでしょう。

また、企業の経営は必ず上手くいくとは限らず、リスクがついて回ります。時には失敗することもあるはずです。どのような状況になっても、気持ちを切り替えて、違う方法を考え前向きに挑戦できるESTP(起業家型)ですから、CEOは向いている仕事と言えるでしょう。

ESTP(起業家型)の得意分野を活かせる仕事に就けば、存分にスキルを発揮して活躍できるはずだよ!

ESTP(起業家型)に向いていない仕事6選

ESTP(起業家型)は、細かいルールやマニュアルに従うことや単調な作業を繰り返し行なうことが苦手です。不向きな仕事を頑張ろうと思っても、続けるのはなかなか難しいものですが、苦手を知り対策を立てることで対応できることもあるでしょう。それでは、ESTP(起業家型)に向いていない仕事を紹介していきます。

刺激が少なくマニュアル通りにやる仕事

思い立ったらすぐに動き出すESTP(起業家型)は、マニュアル通りに行動する仕事に対して物足りなさを感じるでしょう。また、「ルールは破るためにある」と考えがちなESTP(起業家型)にとって、厳密なルールがある仕事は不向きです。具体的には、会計士や教師があげられます。

会計士

会計士の主な仕事は、企業の監査です。また、財務の仕事も担います。監査をする際は、監査計画に添って期限までに計画的に行なわなければなりません。期限までの期間が短いことも多く、間違いが許されない業務内容のため、計画的に行動したり緻密に作業したりすることが不得手なESTP(起業家型)にとって、会計士は向いていない仕事だといえるでしょう。

また、会計士は規則やルールに従って行動する環境です。窮屈さを感じる環境が苦手なESTP(起業家型)は、ストレスをためてしまう可能性があります。

教師

教師の仕事は、学習指導要領に沿った授業を行えるように準備をすることのほか、学校行事の企画運営、部活や進路指導、保護者や地域の方達との交流などがあります。決められた時間で行動しなければならない環境は、自由度の高いESTP(起業家型)にとって苦痛に感じてしまうでしょう。

また、教師は授業を行なったり児童や生徒が健全に成長するように道徳面の指導をしたりします。そのため教師は、常に児童や生徒の見本になるような振る舞いをしなければなりません。これらの理由から、ルールを軽んじがちなESTP(起業家型)に教師は向いていないといえるでしょう。

決まった内容を繰り返し行なう仕事

アクティブで活動的なESTP(起業家型)にとって、ルーティン化された仕事は苦手分野と言えるでしょう。単調な作業を繰り返すので、面白みを感じられず集中力が続きません。このような理由から決まった内容を繰り返し行なう仕事は、ESTP(起業家型)には不向きです。具体的には 工場作業員や事務員があげられます。

工場作業員

工場作業員は、工場で製品や部品を製造したり加工したりするのが仕事です。作業内容としては、部品の加工や組立て、検品作業、品質管理、在庫管理など多岐に渡りますが、全ての流れを一人で担うのではなく、工場作業員ごとに担当の作業が決められています。

中でも、生産ラインに配属されると、ベルトコンベアで運ばれてきたパーツに決められた作業だけをすることが多く、単調な作業の繰り返しとなります。活動的なESTP(起業家型)にとって、単調な作業の繰り返しは面白みがなく、すぐに飽きてしまう可能性があるでしょう。

事務職

事務職とは一般事務や営業事務、医療事務、経理事務などの総称です。仕事内容は、書類の整理やファイリング、電話や来客対応、データ入力などがあります。定型化された作業が多く、業務のほとんどがデスクワークです。

業務の効率化やミスの減少を狙って定型化されているのですが、ルール通りに行動するのが苦手なESTP(起業家型)には逆効果。集中力が途切れるだけでなく、ストレスをためる原因になることもあります。そのため、ESTP(起業家型)に事務職は不向きでしょう。

長時間、黙々と作業する仕事

社交性に長け、人とコミュニケーションを取るのが好きなESTP(起業家型)は、ひとりきりで長時間作業する仕事や静かな環境でおとなしく作業する仕事には向いていません。具体的には研究者やwebライターがあげられます。

研究職

研究職の仕事は、さまざまな研究に携わることです。新しい技術や考え方を見つけたり実験をしたりするほか、データの解析、結果の評価などをします。研究をするだけでなく、情報収集やすでにある論文などの確認といった地道な作業もたくさんあるため、アクティブで新しいことに目がいきがちなESTP(起業家型)には難しい仕事といえるでしょう。

また、昨今はチームで研究することも増えてきたようですが、単独で行なう作業も多いです。結果が出るまで何年も集中して根気よく研究を続ける必要もあり、飽きっぽく集中力が続きにくいESTP(起業家型)は厳しい仕事です。

Webライター

Webライターの仕事は、ウェブサイトに載せる記事を執筆することです。1日の大半をパソコンに向かって作業します。たまに取材対象者にインタビューするなど、人と話をする時もありますが、クライアントとのやりとりはメールやチャットがメインになるため、気が付いたら「誰とも話さず執筆していた」という日もあるかもしれません。

人とコミュニケーションを取るのが好きなESTP(起業家型)にとって、一人で作業を続けることは苦痛だと感じるでしょう。また、Webライターは、コツコツと情報を集めたり執筆したりと地道な作業が続きます。ESTP(起業家型)は、淡々と作業するのが苦手なため不向きです。

自分の短所を知って対応すれば、苦手な仕事の中にも、上手くやれる業務を見つけられることもあるよ。

ESTP(起業家型)におすすめのアルバイト3選

ESTP(起業家型)の社交性や状況に応じた判断力などを活かせるアルバイトを紹介します。具体的にはテレフォンアポインターやティッシュ配りなどです。ぜひ、参考にしてください。

テレフォンアポインター

テレフォンアポインターの仕事は、電話でアポイントを取り、見込み客と商談時間を設けたり販売契約、資料請求の約束をしたりすること。クレーム処理などのインバウンド対応はなく、電話で行なう営業職というイメージです。
電話でスムーズにやりとりし、お客様のニーズに合う商品や提案をするなど、ESTP(起業家型)のコミュニケーション能力や洞察力が役立ちます。また、電話での交渉が上手くいかなかったとしても、持ち前のポジティブ思考で気持ちを切り替えながらテレフォンアポインタの仕事をこなしていけるでしょう。

ティッシュ配り

ティッシュ配りは駅前や店舗など人通りの多い場所でティッシュを配る仕事です。ティッシュには、お店や企業のサービスや商品の詳細が書かれた広告が入っており、ターゲットが多く通りそうな時間帯を狙って作業します。もらってくれそうな人を見極め、声をかけながら渡すのがポイントです。
ESTP(起業家型)は、状況に合った判断と行動ができるだけでなく、人との関わり方も上手。そのため、さほど時間をかけずにティッシュを配り終えてしまう可能性もあるでしょう。

イベントスタッフ

イベントスタッフの仕事は、イベント会場の設置や片付け、グッズの販売、接客などです。コンサート会場やスタジアムなどイベント内容によって会場や客層がかわってくるので、常に新鮮な気持ちで業務に携われます。
スタッフになることで、一般的には見られない会場の裏側も見られるので、好奇心旺盛なESTP(起業家型)にとって楽しみながら力を発揮できるアルバイトといえるでしょう。また、ESTP(起業家型)の社交性を活かせば、接客やグッズの販売などスムーズに行えるはずです。

社交性や好奇心を活かした仕事はESTP(起業家型)に向いているから、アルバイトも楽しみながらできるのが良いよね。

ESTP(起業家型)が就活や転職活動で使える自己PRのポイント

就職や転職活動で優位になるには、自分の長所を最大限にPRすることが大切です。そのためには、自分の特徴を知って、志望する企業でどのような貢献ができるか明確にアピールする必要があります。以下に、終活や転職活動に効果的なESTP(起業家型)の自己PRの例文を紹介しますので、参考にしてください。

自己PRの例文

私の長所は、社交性に長けているところです。大学2年の時からアパレル業界で販売員をしています。洋服を見に来てくださったお客様の視線や動きから、お一人でお買い物を楽しまれているのか、販売員がお声がけして良いかなど判断し、お声がけする際は、「○○はこちらにもございます。」など、具体的にお伝えするように心がけておりました。コミュニケーション能力や洞察力が鍛えられることで、お客さまにとって丁度良い距離感で接客できるようになり売上向上に貢献できたと思っております。貴社での業務でも、この3年間で培ったコミュニケーション能力と洞察力を活かして、お客様のニーズに合ったサービスや商品を提案できるように心がけていきたいです。

自己PRをする時は、自分の長所や特徴を伝える時に体験談を交えると分かりやすく伝えると分かりやすいよ。それから、勤められたら、どんな貢献ができるかも説明するのもよいね。

ESTP(起業家型)が適職に就くためのチェックポイント

ESTP(起業家型)が適職に就くためには、特性や長所にあった仕事を見つけることが大切です。以下に、適職に就くためのチェックポイントを4つにまとめましたので、参考にしてください。

ポイント1:行動力やチャレンジ精神が活かせる仕事を選ぶ

ESTP(起業家型)は、アクティブで活動的です。未経験のことでも物怖じせずに挑戦する行動力があります。一方、刺激が少なく同じ作業を繰り返し行なうような単調な業務は興味を持てず飽きてしまいがちです。安定よりもチャレンジ精神が強い仕事に就くことでESTP(起業家型)のスキルを存分に発揮できるでしょう。

ポイント2:コミュニケーション能力を活かせる仕事を選ぶ

ESTP(起業家型)は、社交性に優れています。年代性別問わず、誰とでも打ち解けるのが魅力です。このスキルを最大限に活かせるのは、人と関わる仕事です。優れたコミュニケーションスキルを活かして、お客様や職場の仲間とより良い関係を築いていくことで売上などの業績や自分の成長に繋がっていくでしょう。

ポイント3:柔軟度が高い仕事を選ぶ

ESTP(起業家型)は、「不要なルールは改善すべき」と考えているタイプです。厳しいルールやマニュアルがある環境では、窮屈さを感じESTP(起業家型)らしさを出すことができません。ルールやマニュアルが決められていても最小限に押さえられている、ある程度自由に行動しても許される環境がおすすめです。

ポイント4:チームでする仕事を選ぶ

ESTP(起業家型)は、単独で仕事をするのが苦手です。社交性があり、人と関わるのが好きなESTP(起業家型)は、複数人でチームを組んで、仕事をする方が力を発揮できます。そのため、チームワークに重きを置く仕事かどうか見極めることが大切です。

自分の強みと弱みを知ることで、適職を見つけやすくなるのね。

ESTP(起業家型)の強みと弱みを理解して自分の天職を見つけよう!

ESTP(起業家型)の強みである、行動力やコミュニケーション能力などを活かせる仕事、例えば起業家や営業職などが天職となります。反対にルールやマニュアルが厳しい仕事や単調な作業の繰り返しなどはESTP(起業家型)には向いていません。

自分の強みや弱みを理解した上で、仕事探しをするのが天職を見つけるポイント。今回紹介したESTP(起業家型)の適職やおすすめの職業を参考にして、天職を見つけてくださいね。

MBTI診断の関連記事

MBTI診断について

MBTI診断の解説
MBTI診断とはAとTの違い各タイプの相性一覧
ランキングまとめ良い相性一覧悪い相性一覧

性格タイプ別の性格・特徴・相性・適職

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別のあるある

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

AとTの違い

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の恋愛・結婚

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の適職・職業・仕事選び

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプのランキング

ランキング
日本人に多いランキング性格良いランキング性格悪いランキング
嫌われるランキング生きづらいランキング怒ると怖いランキング

性格タイプ別の生きづらさ

性格タイプ別
INFJISFJISFPENFP

韓国アイドルの性格タイプ

韓国アイドル別
韓国アイドル一覧TREASURETWICE
ENHYPENTXTNCT
SEVENTEEN(セブチ)

性格悪いと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

頭おかしいと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP
※本記事は、16Personalities性格診断テストを参考に制作しております。一般社団法人日本MBTI協会およびMBTI診断とは関係ありません。