ESTJ(幹部型)の適職は?おすすめの職業7選と仕事選びのコツを紹介

KANON
今の職場環境に不満があるわけじゃないけれど、自分に合ってる仕事がほかにもあるんじゃないかと思って、話題のMBTI診断をやってみたの。私は、ESTJ(幹部型)と診断されたんだけど、私の適職って何なんだろう?
KARIN
自分の長所や短所を知れば、どんな仕事が向いているか見えてくるかもね。ESTJ(幹部型)は真面目で頼れるリーダー的性格だから、管理職などに就く人も多いんだって。ESTJ(幹部型)性格を見て、適職が何なのか一緒に見てみよう!!

最近話題の「MBTI診断(16パーソナリティー)」は、自分の性格や特性を知ることができるとして、企業の面接などでも採用されています。

ESTJ(幹部型)は、外向型(Extroverted)、感覚型(Sensing)、思考型 (Thinking)、判断型 (Judging)の4つの特徴を持つ性格タイプで、真面目でストイックな努力家です。外の世界に興味を持ち、積極的に人と関わります。また、冷静に物事を捉え状況判断をする能力にも長けています。

この記事ではESTJ(幹部型)の長所や短所、向いている仕事や向いていない仕事について解説します。また仕事選びのコツについても紹介しているので、転職や就活をされる方はぜひ参考にしてください。

ESTJ(幹部型)は仕事できないって本当?

ESTJ(幹部型)は仕事ができないということはありません。

ESTJ(幹部型)は「基準」「安定性」を重視し、感情に振り回されることなく、冷静に物事を判断できる性格です。また、状況に関わらず人と公平に接するため、周りからの信頼が厚いのも特徴です。

一方で、自分にも他人にも厳しいため、融通が効かない頑固な一面を持っています。ESTJ(幹部型)は、決まったルールや基準から外れることを極端に嫌い、時には強い口調になってしまうため、チームで仕事をする人からは、一緒に仕事をするのが難しいタイプまたは批判的だと見られ「仕事ができない」と思われてしまう場合があります。

ESTJ(幹部型)の自分にも相手にも厳しく、真面目でストイックな性格がゆえに勘違いされることもあるので、相手に合わせられる柔軟性も必要です。ESTJ(幹部型)は仕事ができないということはなく、社交的で責任感が強く、仕事では管理職に向いています。

ESTJ(幹部型)は責任感が強く、融通が利かない一面があるから「仕事ができない」と勘違いされることもあるのね。リーダーシップを上手く発揮するために、周りの意見にも耳を傾ける柔軟性を持てるようにしてみましょう。

ESTJ(幹部型)の長所・強み・得意なこと

ESTJ(幹部型)の長所はリーダーシップ能力が高いことです。困難な状況下でも正しい判断を下し、チームを正しい方向に導くことに長けています。目標を達成しようという意識が高く周りからの信頼も厚いので、ESTJ(幹部型)は仕事で管理職を任されることが多いです。

また、秩序を大切にするESTJ(幹部型)は責任感が強く、真面目な性格で、任されたタスクを必ず完了させるため、同僚や部下から頼りにされます。目標を達成しなければいけない場面では、達成するまで歩みを止めず、自分の価値観にこだわって向上できるよう努力を惜しみません。

決断が早いのもESTJ(幹部型)の強みと言えます。物事を冷静に判断し、だれもが納得する根拠を見つけるのが得意です。複雑な問題も道筋を立てて考え、本質を見失わず的を得た回答を導き出します。

リーダーシップ能力が高く、責任感が強く真面目な性格だから、管理職を任されることが多いのね!

ESTJ(幹部型)の短所・弱み・苦手なこと

ESTJ(幹部型)の短所は融通が効かないことです。秩序や伝統を大切にするESTJ(幹部型)は、決まったルールや基準から外れることを極端に嫌います。自分が達成したいビジョンがある時には、頑固になってしまうこともあるのが弱みです。自分の主張が正しい時でも、頭ごなしに否定せず、周りの意見に耳を傾けてみると、さらに考えの幅が広がるでしょう。

また、ESTJ(幹部型)は自分にも相手にも厳しい一面があるのが特徴です。目標達成のための熱意が強いため、相手に対して高いクオリティーを求め口調が強くなってしまいます。相手に得手不得手があることを認識し、寄り添う気持ちを持つことも必要です。

ESTJ(幹部型)の責任感が強い性格は、必要以上に自分を追い込みすぎてしまうことがあります。高みを目指すのは良いことですが、追い込みすぎて挫折しては結果を出すことができません。すべて自分で抱え込まず、時には周りに頼りながら気持ちに余裕を持つようにしましょう。

チームで仕事をするときには、相手の意見にも耳を傾けるようにしましょう。気持ちに余裕がなくなれば、周囲に対しての態度も強くなってしまうので、相手が受け取りやすくなるように少し言い方を変えてみるといいよ♪

ESTJ(幹部型)に向いている仕事7選

ESTJ(幹部型)は真面目で誠実、物事を計画的に進める能力に長けています。また、秩序やルールも大切にするので、責任を持って自分の与えられた仕事を遂行できるでしょう。ここからは、ESTJ(幹部型)に向いている仕事を具体的に見ていきましょう。

ESTJの適職1:計画性を求められる仕事

ESTJ(幹部型)はマネジメント能力が高い傾向にあるため、事実やデータなどの根拠に基づいて計画を立てられる強みを活かせる仕事が向いています。

管理職

ESTJ(幹部型)は、目標達成のために計画を立て、業務の効率化を図るアイデアを考える能力に長けています。管理職に求められるリーダーシップと責任感も持っているので、組織やチームを束ねる管理職に就けば、チームを成功に導けるリーダーとして活躍できるでしょう。また、高いコミュニケーション能力を持っているため、チームメンバーに平等に仕事を割り振ることもできます。

営業

営業は自社の製品やサービスを、顧客に販売したり提案する仕事です。会社の利益やノルマを達成するためには、計画性を持って仕事を遂行しなければいけません。ESTJ(幹部型)は論理的かつ客観的に物事を判断できるので、実績を上げて会社に貢献できる人材になるでしょう。

経理

経理の仕事は、会社全体のお金の流れを把握し、資金計画を立てて管理する事務職です。ESTJ(幹部型)は秩序を好み、細かいルールが決まっている仕事においても把握力がある傾向にあります。経理の仕事はあらかじめマニュアルが用意されていることがほとんどなので、ルールを守って行動する意識が根付いている点でも、ESTJ(幹部型)はストレスなく業務を遂行できます。

ESTJの適職2:ルールと秩序を守る仕事

ESTJ(幹部型)はルールと秩序を重視します。プレッシャーのかかる仕事でも、人一倍強い責任感で、業務を遂行できるでしょう。

警察官

市民の安全で安心な生活を守る警察官は、ルールや秩序を乱す人を取り締まる仕事です。ルールに忠実なESTJ(幹部型)はルールを守れない人を理解できず、許せないと感じます。また、論理的な考え方を持っているため、相手を納得させることも得意です。警察官は、責任感と正義感が強いESTJ(幹部型)は向いている職業と言えます。

裁判官

裁判官は法律と秩序を守り、平等な判決を下すことが求められる仕事です。裁判官は、司法書士試験に合格し、法曹界での経験も求められる仕事のため、努力しないと就けない仕事です。真面目なESTJ(幹部型)にとって、ハードルが高い裁判官の仕事には魅力を感じやすいでしょう。また、ESTJ(幹部型)は仕事と感情を切り離せるため、被告人に対して感情移入することなく冷静な判断を下せます。

ESTJの適職3:決断力が求められる仕事

ESTJ(幹部型)は物事を冷静に判断し、だれもが納得する根拠を見つけるのが得意なので、決断力が早いです。決断力が求められる仕事は、論理的思考も必要なため、ESTJ(幹部型)に向いていると言えます。

投資家

投資家は、自己資金を使って企業の株式に投資をし、株式の配当金などで利益を得る仕事です。投資は市場や企業の動向を分析するスキルに加え、このタイミングで売買をしていいのかという判断を継続的に行わなければいけません。ひとつの判断ミスが大きな損失となるため、高い決断力が求められます。ESTJ(幹部型)は高い決断力を持っているため、投資家に向いています。

経営企画

経営企画は企業の経営を考える企画職です。将来どのような企業になるかのビジョンを設計し、起こりうる課題を解決する施策を検討して解決策を提案する仕事です。幅広い知見が必要で、企業の未来を見据えて経営陣との密なやり取りも多くなります。ESTJ(幹部型)は論理的思考に優れ、決断力があるため、複雑な経営企画の仕事でも最後までやりきる素質があります。

秩序やルールを重視して、真面目で責任感が強いESTJ(幹部型)は、伝統のある組織や大手企業での仕事が向いているのね。

ESTJ(幹部型)に向いていない仕事6選

ESTJ(幹部型)は不確実性や変化を好まない傾向にあり、客観的なデータや事実を重視します。自由な発想が求められる仕事や柔軟性が求められる仕事では、本来の能力を発揮できない可能性が高いでしょう。ここからは、ESTJ(幹部型)に向いていない仕事を具体的に見ていきましょう。

自由な発想を求められる仕事

ルールを好むESTJ(幹部型)にとって、自由な発想や、斬新なアイデアを求められる仕事は向いていません。型が決まっていない仕事には不安を感じる可能性があります。

デザイナー

デザイナーは工業製品や、本や雑誌などの紙媒体、Web関連メディアなど、さまざまなデザインを手掛ける仕事です。どのデザイナーにも共通するのは「クライアントや依頼者の要求に応じたデザインを考える」点です。斬新なアイデアを求められるデザイナーの仕事は、ルールを重視したいESTJ(幹部型)にとってストレスを感じることがあるでしょう。

ミュージシャン

ミュージシャンは音楽家という意味で、音楽を演奏するプレイヤーだけでなく、作曲や編集をする人もミュージシャンです。ミュージシャンは聞く人の心をぐっと引き付ける魅力が求められます。自由な発想が苦手なESTJ(幹部型)は決まった型のない仕事に苦手意識を感じるでしょう。

ルーティーン化された仕事

ESTJ(幹部型)は目標達成に向けて積極的に取り組むことを好むので、ルーティーン化された仕事にはやりがいを感じず長続きしません。

事務

事務職は会社の事務全般を担当する仕事で、一日の仕事はほぼルーティーン化されています。資料作成やデータ入力作業などは1人でコツコツとパソコンに向き合う仕事なので、自ら計画を立て効率的に進めることを好むESTJ(幹部型)は退屈に感じてしまうでしょう。

組み立てラインの作業員

組み立てラインの仕事は製造工場で、ベルトコンベアを流れる製品や部品の検査・検品・仕分けを一定の手順に沿って行う仕事です。ESTJ(幹部型)は単純作業を一人で黙々とこなすタイプではなく、チームにタスクを分配したり、メンバーを導くことでやりがいを感じるため、長続きしない可能性があります。

柔軟な対応を求められる仕事

ESTJ(幹部型)は不確実なことや変化を好まない傾向にあるので、常に変化して柔軟性が求められる仕事は苦手です。

保育士

保育士は乳児から小学校就学までに子どもを預かり、保育をしながら、基本的な生活習慣を身につけさせる仕事です。子どもたちの行動は予測不能で、保育士には忍耐力と柔軟性が求められます。また、社会的背景に合わせた対応も必要です。白黒はっきりさせたいESTJ(幹部型)にとって、正解がない保育の仕事はストレスになりやすいでしょう。

カウンセラー

カウンセラーは病院や企業、学校などで、心の問題を抱えている人の相談にのり、対話や心理テストなどによって、心理面から問題解決をめざす仕事です。ESTJ(幹部型)は相手の感情を深く理解することが得意ではないため、対話と理解が重要なカウンセラーの仕事には向かないと考えられます。

自由な発想や柔軟性が求められる仕事は、ESTJ(幹部型)の能力を存分に発揮できない可能性が高いのかもね。

ESTJ(幹部型)におすすめのアルバイト3選

ESTJ(幹部型)は真面目で、秩序やルールを重視し、決断力が早いのが特徴です。また、明るい性格で周りの人を楽しい気分にさせたり、共同作業が得意な一面も持っています。ここからはESTJ(幹部型)におすすめのアルバイトを紹介します。

バイトリーダー

バイトリーダーはアルバイトをまとめて、仕事の指示や管理、育成をする仕事で、バイトメンバーの中の一番上の立場の存在です。時には売上管理や店長代理をまかされる場合もあります。ESTJ(幹部型)の責任感が強く、困難な状況下でも正しい判断を下し、チームを正しい方向に導ける性格はバイトリーダーに向いています。目標を達成しようという意識が高いため、バイトスタッフのモチベーションアップにも繋がるでしょう。

引っ越し

引っ越しのバイトは主に運搬と梱包の仕事です。引っ越しは決められた時間の中でお客様の荷物を傷つけることなく、正確に運ばないといけません。また、家の間取りや家具の大きさは都度異なるため、段取り良く物事を進められるスキルが求められます。ESTJ(幹部型)は効率的・計画的に物事を進めるのが得意なので、引っ越しのようなアルバイトでも長所を活かして活躍できるでしょう。

大規模の飲食店

大規模飲食店はスタッフの数が多く、多店舗展開をしているチェーン店が多いのが特徴です。業務マニュアルが充実していて、業務の習熟度により時給が上がるなどの評価制度が設けられている店舗が多いです。ESTJ(幹部型)は真面目で決められたルールを守るため、マニュアルに従って業務を確実のこなせるでしょう。また、リーダーシップ能力が高い長所を活かせれば、バイトリーダーに抜擢される可能性もあります。

アルバイトでは責任感が強く、ルールを守るのが得意なESTJ(幹部型)の強みを活かせる職種がおすすめよ♪アルバイトでの実績が評価されれば、正社員に登用される可能性もあるかも!?

ESTJ(幹部型)が就活や転職活動で使える自己PRのポイント

ここからはESTJ(幹部型)が就活や転職活動で使える自己PRのポイントを例文とともに解説します。

自己㏚とは、就活や転職活動の際、自分のスキルや強み、実績などを自ら企業にアピールすることです。自分にはどのような強みがあり、その強みを企業の仕事にどのように活かせるのかを伝えて、企業に関心をもってもらうものです。

自己PRの基本的な書き方は下記の4点です。

  1. 結論
    まず冒頭で、自分の強みなど最もアピールしたい部分を伝えます。
  2. 具体的なエピソード
    結論の説得力を上げるために、その強みが伝わるエピソードを伝えます。
  3. 成果や結果
    2のエピソードとそれに対してどのような成果や結果をもたらしたかを伝えます。
  4. 今後の貢献
    最後に結論で述べた自分の強みなどと、入社後にどのように貢献したいかを伝えます。

自己㏚の例文

私は物事を論理的に考えられるのが強みで、目標達成のためには努力を惜しまず最後までやり遂げることも得意です。

前職では、美容商材の営業を5年間担当していました。美容商材はお客様にメリットを実感してもらえないと契約をもらうことができません。

そこで私は、お客様にサンプルの配布や商品の良さを伝えるだけではなく、お客様の顧客が抱える問題点の改善策や、導入によるメリットなどを論理的に仮説を立て説明しました。数値やデータも踏まえて提案をしたり、インストラクター派遣をするなど、努力を惜しまず取り組んだ結果、部署でトップの成約率を達成しました。

私は論理的思考と最後までやり遂げる強みを活かし、入社後は営業として成果につなげられるよう努力をし、貴社の発展のために貢献したいと考えています。

自己㏚は自分の強みをアピールして、採用担当者の印象に残ることが必要だから、ただ書けばいいというものではないのね

ESTJ(幹部型)が適職に就くためのチェックポイント

ESTJ(幹部型)が適職に就くためには自分の強みを活かせるかどうかがポイントです。ここからはESTJ(幹部型)が適職に就くためのチェックポイントを見ていきましょう。

ポイント1:リーダーシップが発揮できる

ESTJ(幹部型)の強みは困難な状況下でも正しい判断を下せ、チームを正しい方向に導き出すことができることです。また、論理的に物事を考えるのも得意なので、管理職を任されることが多いので、リーダーシップを発揮できる仕事に就くのがおすすめです。

具体的には営業やコンサルタントなど、チームで成果を発揮する仕事が向いています。ESTJ(幹部型)は目標に向かって努力を惜しまず、効率的なチームとしてまとめ上げることに心から喜びを感じます。

年功序列の環境では、若手がリーダーシップを発揮することが難しく、ESTJ(幹部型)の強みをなかなか活かせないこともあるでしょう。ESTJ(幹部型)の強みであるリーダシップを発揮して活躍するために、役職や年齢に関係なく意見を言い合える風土のある職場を選択することもポイントです。

ポイント2:整った環境

ESTJ(幹部型)は業務範囲や評価制度が明確な仕事が向いています。

秩序を大切にするESTJ(幹部型)は、明確に線引きして業務を進めたいと考える傾向にあります。求人を見る際に業務内容が明確に記載されているか、職種を限定して求人募集されているかなど、業務範囲が明確かを確認すると良いでしょう。

また、ESTJ(幹部型)はルールを重視するため、不平等な扱いを受けるとストレスを感じてしまいます。給与テーブルがしっかり定まっているか、評価面談の際に上司から納得のいくフィードバックがもらえるかなども、ESTJ(幹部型)がストレスを感じず仕事をする上で重要なポイントです。

整った環境下での仕事であれば、ESTJ(幹部型)は安心して仕事ができ、強みである責任感と努力を惜しまない姿勢で、職場でも活躍できます。

ポイント3:決断力を活かせる

ESTJ(幹部型)は物事を冷静に判断し、誰もが納得する根拠を見つけ、決断が速いのが強みです。

具体的には弁護士や投資家など、決断力が求められる仕事です。弁護士は法律知識と事案を照らし合わせ、適切な判断を行う必要があり、ESTJ(幹部型)の決断力を存分に活かせるでしょう。また、投資家は市場や企業の動向を分析して、どのタイミングで売買するかの判断を継続的に行わなければいけません。ひとつの判断で数百万以上のお金が動く緊張感がありますが、ESTJ(幹部型)の高い決断力を活かせると言えます。

ポイント4:秩序やルールがはっきりしている

秩序やルールを重視するESTJ(幹部型)は、規則に忠実な姿勢が求められる仕事に向いています。また、論理的な思考や客観的な視点は、公正な判断が求められる仕事に活かせるでしょう。

具体的には警察や弁護士など、秩序とルールがはっきりしている仕事です。プレッシャーのかかる仕事でも責任をもって最後までやり遂げるのがESTJ(幹部型)の強みなので、警察や弁護士のように責任感も求められる仕事にやりがいを感じるでしょう。

ESTJ(幹部型)が適職に就くには、自分の長所を活かせるかどうかよね。

ESTJ(幹部型)の強みと弱みを理解して自分の天職を見つけよう!

仕事をするうえで、毎日やりがいを感じられるかはとても重要です。たとえ興味のある分野の仕事でも、自分の性格や特性に合っていない仕事は、ストレスを感じてしまいます。

ESTJ(幹部型)の真面目でストイック、努力家である強みを活かせる仕事であれば、周りからの信頼を得て活躍できるでしょう。リーダー気質があり、物事を順序だてて進められるESTJ(幹部型)は、仕事で評価されれば、さらなる高みを目指せます。

一方で、柔軟性に欠ける点や、自分にも相手にも厳しいため、時には強い口調になってしまう弱みがあるので、多様な価値観への理解を深められるとより仕事がスムーズに進みます。

この記事を参考にESTJ(幹部型)の強みと弱みを理解して天職を見つけてください。

MBTI診断の関連記事

MBTI診断について

MBTI診断の解説
MBTI診断とはAとTの違い各タイプの相性一覧
ランキングまとめ良い相性一覧悪い相性一覧

性格タイプ別の性格・特徴・相性・適職

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別のあるある

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

AとTの違い

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の恋愛・結婚

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の適職・職業・仕事選び

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプのランキング

ランキング
日本人に多いランキング性格良いランキング性格悪いランキング
嫌われるランキング生きづらいランキング怒ると怖いランキング

性格タイプ別の生きづらさ

性格タイプ別
INFJISFJISFPENFP

韓国アイドルの性格タイプ

韓国アイドル別
韓国アイドル一覧TREASURETWICE
ENHYPENTXTNCT
SEVENTEEN(セブチ)

性格悪いと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

頭おかしいと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP
※本記事は、16Personalities性格診断テストを参考に制作しております。一般社団法人日本MBTI協会およびMBTI診断とは関係ありません。