ISTJ(管理者型)の適職は?おすすめの職業7選と仕事選びのコツを紹介

KANON
今話題のMBTI診断をしてみたら、性格タイプがISTJ(管理者型)だったの。診断結果を仕事に活かしたいと思っていたけど、ISTJ(管理者型)は仕事ができないという記事もあるから、不安になっちゃって…。
KARIN
ISTJ(管理者型)は真面目で堅実な性格だから、周りの人からは「頭が固い」「細かすぎる」と思われることがあるよね。でも、真面目で堅実な性格が活かされる仕事もきっとあると思うの!

自分の性格や特徴を知り自己分析ができることで話題の「MBTI診断(16パーソナリティ)」は、新卒採用や面談の際に参考にしている企業も少なくありません。仕事をするうえで、自分の性格を知り、自己分析をすることはとても重要です。

ISTJ(管理者型)は日本人では3.5%と少なく、全16パーソナリティのなかでも5番目に少ない割合です。真面目で堅実な性格であるISTJ(管理者型)は、コツコツと地道に努力するタイプです。今回は、ISTJ(管理者型)の長所や短所、おすすめの職業と仕事選びのコツを紹介します。この記事を参考に、自分の性格を知り、天職と思える職業選びに役立ててください。

ISTJ(管理者型)は仕事できないって本当?

ISTJ(管理者型)は仕事ができないのでしょうか。内向的な性格のISTJ(管理者型)はチームプレイが苦手です。感情表現が苦手で口下手なことから、周りからは「堅い人」とみられることもあります。計画通り物事が進まないことにイライラしてしまい、融通が効かない一面があるのが難点です。

ISTJ(管理者型)は計画的で規則やルールを守る性格なので、型にはまりがちで周りの意見に耳を傾けることが苦手です。人に厳しく共感性に欠けることから、周りからは「頭が固い」「細かすぎる」と思われます。

チームプレーが苦手で、共感性に欠けることから、同僚からは一緒に仕事がしづらいと思われ「仕事ができない」と言われることがあるのです。

しかし、1人でコツコツする仕事や、ルールに従ってする仕事には責任感を持って取り組みます。真面目で堅実な性格だからこそ、向いている職業もあります。

チームプレーが苦手だから、仕事ができないのではなく、合わない仕事もあるっていうことだよね。きっと、性格を活かした仕事もたくさんあるはず!!

ISTJ(管理者型)の長所・強み・得意なこと

ISTJ(管理者型)の長所は、なんといっても真面目で努力家であるということです。コツコツと地道に努力を重ねる冷静沈着さと、忍耐力を兼ね備えています。

また、物事を計画的に進め、責任をもって成し遂げます。たとえ問題が生じたとしても、最後まで投げ出さず、責任を持って対処する覚悟を持っているのです。正義感が強く、嘘をつかないので、周りからの信頼を集められるのが魅力であり、強みです。

計画的に物事を進め、ルールや決まりを重視して安定した成果を出すのが得意なので、仕事面でも評価されます。ISTJ(管理者型)の人は、リーダーやまとめ役として抜擢されることも少なくありません。

真面目で努力家だから、ISTJ(管理者型)は責任のある仕事に抜擢されることがあるのね!

ISTJ(管理者型)の短所・弱み・苦手なこと

ISTJ(管理者型)の短所は、環境の変化に弱いことです。仕事でもプライベートでも、新しいことを取り入れたり、大きな変化を好みません。現状維持であることに安心するため、周りからは「つまらない人」「面白みのない人」と思われることも多いです。

また、内向的な性格のISTJ(管理者型)は、1人でいることを好み、チームプレーが得意ではありません。口下手で感情表現が苦手なので、相手との意思疎通がうまくできず「堅い人」と思われたり、人間関係を築くのが難しい一面もあります。

計画的で規則やルールをきちんと守る性格は、型にはまりがちです。自分の信念をしっかり持っていて、周りの意見に耳を傾けないことから、人に厳しく共感性に欠けると思われやすいのが弱みです。

仕事面では周りの意見に耳を傾けることも重要なので、周りとうまく調和できるよう心がけるといいでしょう。

ISTJ(管理者型)は大きな変化を望まず、1人でいることを好む性格だから「つまらない」「堅い人」と思われることがあるのね。

ISTJ(管理者型)に向いている仕事7選

ISTJ(管理者型)は真面目で努力家なうえ、ルールや決まりを重視して物事を計画的に進めるのが得意です。加えて、合理的で責任感が強い長所を生かせる仕事に就けば、自分の能力を遺憾なく発揮できるでしょう。ここからは、ISTJ(管理者型)に向いている仕事について解説します。

ISTJの適職1:正確さや責任感が求められる仕事

几帳面で真面目な性格のISTJ(管理者型)は、正確さや責任感が求められる仕事を得意とします。具体的には、金銭を扱う銀行員や正確さを求められる経理、責任感が必要な秘書などです。

銀行員

銀行員の主な業務は、窓口応対、貯金や融資、証券取引や為替に関する書類の確認・管理です。また、ATMを利用した入出金処理や振り込みに関する処理なども行います。銀行員は高いレベルの責任感と正確さ、顧客からの信頼が求められます。

厳格なルールに従うことが得意なため、全取引を正確に行えるのも、銀行員がISTJ(管理者型)に向いている点です。銀行員はISTJ(管理者型)の几帳面で真面目、誠実な長所を十分活かせるでしょう。

経理

経理職は会社のお金の動きを把握し、資金や取引に関する入出金や、給与などの組織に関する金銭を管理する仕事です。事務職の一種でもあり、定型的な仕事が多いのも特徴です。

日常の些細なミスが、月次決算や年次決算業務に大きな影響を与えることもあるため、正確さと仕事に関する責任感が何よりも重要です。会計に関する細かな規則にも適切に対応するうえで、論理的思考力も欠かせません。正確さと真面目さが人一倍つよいISTJ(管理者型)には、適職のひとつといえます。

秘書

秘書は企業のトップである社長や役員、政治家や医師などの庶務業務をサポートする仕事です。主な業務はスケジュール管理や調整、来客対応、書類作成、社内外の人とのやり取りなどが挙げられます。

上司の業務や予定がスムーズに進むかは、秘書の力量で変わります。複数の業務を同時進行しなければいけない場面も多くありますが、計画的、論理的思考で冷静に物事を進められる強みを活かして、適切に対処できます。ISTJ(管理者型)の計画性をもって行動する能力や強い責任感を業務に活かせるでしょう。

ISTJの適職2:ルールが確立している仕事

規則やルールを守ることが得意なISTJ(管理者型)は、ルールが確立している仕事にも向いています。具体的には法律という絶対的ルールの下で働く司法書士や、ルールや伝統を重んじることが求められる公務員などです。

司法書士

司法書士は法人や個人からの依頼を受け、法律関係の書類の作成や手続きの代行をして、法律周りの専門家として働く仕事です。企業の法務コンサルティングや不動産登記、相続関連業務などの重要な仕事を担うため、責任をもって最後まで遂行することが必要です。依頼された業務を疎かにしてしまうと会社単位で迷惑をかけることになるため、最後まで責任をもって遂行することが求められます。

司法書士は常に法律と共に業務に向き合う仕事です。言い換えれば、法律という絶対ルールの下で働くため、遵守することを得意とするISTJ(管理者型)には向いています。

公務員

公務員は国や地方自治体の行政に関わる仕事全般をする仕事です。具体的には、市役所職員や教職員、警察官などの地方公務員と、国としての機能を維持するような役割をする国家公務員があり、業務の幅は多岐にわたります。

公務員は歴史の長い仕事であり、ルールや伝統を特に重視することが求められ、ストレスを感じる人も多いです。しかし、ISTJ(管理者型)の人はルールや伝統を重んじる性格のため、ストレスなく受け入れられます。誠実で真面目なISTJ(管理者型)は強い責任感をもって業務を遂行できるでしょう。

ISTJの適職3:1人で黙々と打ち込める仕事

内向的な性格で、1人でいることを好むISTJ(管理者型)は、チーププレイではなく、1人で黙々と打ち込める仕事も向いています。具体的にはパソコンで作業をするプログラマーやルーティンワークが中心の事務職です。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアが構築した設計書に基づき、システムやアプリケーションを作成する仕事です。パソコンとモニターに向かって進めていく仕事なので、多くの人とのコミュニケーションを取る必要がなく、1人で黙々と打ち込めます。

基本的にスケジュール管理はシステムエンジニアが行いますが、自分に与えられたタスクに関しては責任をもってスケジュール通り完遂することが求められます。責任をもって計画を達成できる計画遂行力が高い点でもプログラマーの仕事は向いています。

事務職

事務職はデータ入力や書類の作成、伝票の処理など、デスクワークを中心とした会社の事務を担う仕事です。コツコツと1人で作業を進めるデータ入力や書類作成は、ISTJ(管理者型)には得意分野でもあります。電話対応や来客対応も行いますが、基本的にはルーティンワークの決まった業務となるため、安定的な環境に安心を覚えるISTJ(管理者型)には向いています。

また、責任感が強く計画的に物事を進められるため、一つひとつの仕事を確実に終えられるのも強みです。

ISTJ(管理者型)の長所を活かした仕事に就けば、仕事へのストレスも少なく、周りからの評価も得られやすくなるよね!

ISTJ(管理者型)に向いていない仕事6選

内向的な性格で一人でいることを好み、環境の変化に弱いISTJ(管理者型)は、決まったルールの下では責任感をもって最後までやり遂げます。一方、社外の人と密に連絡を取る仕事や、自らで新しく作り上げていくような仕事は得意ではありません。ここからはISTJ(管理者型)に向いていない仕事について紹介します。

クリエイティブな仕事

ISTJ(管理者型)は決まったやり方やルールに沿って行う仕事には、責任感を持ち最後までやり遂げる能力に長けていますが、柔軟な発想力やアイデア、創造力が求められる仕事は向いていません。具体的には、自らデザインを考案するデザイナーや商品の企画開発をする商品企画の仕事です。

デザイナー

デザイナーはさまざまなもののデザインを制作する仕事です。デザイナーと一言にいっても、webデザイナー、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナー、空間デザイナー、ブックデザイナーなど多種多様です。

デザインが売り上げに直結することも多いため、ターゲットのニーズにあった魅力的なデザインを生み出さなくてはいけません。ISTJ(管理者型)は新しいことへのチャレンジが得意ではないため、常に新しいものを作り出さなければいけないことにストレスを感じることがあるでしょう。

商品企画

商品企画は消費者のニーズをリサーチして、よく売れそうな商品を企画開発して世の中に送り出す仕事です。具体的には、多くの情報を集めてトレンドをおさえ、商品企画案を立案し、プレゼンテーションを行います。商品化が決まったら、販売促進の戦略を考えます。商品企画は好奇心や豊かな発想力が求められ、企画案の商品化に向けて多くの関係者とのコミュニケーションが必要です。

ISTJ(管理者型)の人は変化を好まず、チームプレイがあまり得意ではないため、常に時代の変化に応じて新しいものを世の中に送り出す仕事にプレッシャーを感じてしまいます。

多くの人とのコミュニケーションが必要な仕事

内向的な性格で、1人でいることを好むISTJ(管理者型)は、多くの人とのコミュニケーションが必要な仕事に就くと、毎日ストレスを感じてしまいます。具体的には、顧客にアプローチして提案をする営業職や、クライアントの課題解決や目標達成のためにアドバイスをするコンサルタントの仕事です。

営業職

営業職は自社の商品やサービスをアピールして、購入や契約に繋げる仕事です。営業職にはコミュニケーション能力や課題解決力が求められます。多くの人にアプローチし、初対面の人とコミュニケーションを取らないといけない場面も多く、ノルマがある会社もあります。1人でコツコツと作業を進めるのが得意なISTJ(管理者型)にとって、日々多くの人に会って、コミュニケーションをはかることは、仕事の時間がストレスとなってしまいます。

コンサルタント

コンサルタントとは、クライアントからの相談を受け、アドバイスを提示・助言する仕事です。コンサルタントは基本的にはプロジェクトごとにチームを編成し、チームメンバーとの連携で仕事を進めます。知らないことや新しい課題に対しても、意欲的に取り組む意欲も求められます。コンサルトは求められる能力が高く、クライアントからの高レベルなプレッシャーを受けることもある仕事です。

チームプレイが必要で、自ら意欲的に取り組んで仕事をするコンサルトの仕事は、大きな変化を求めず、コツコツと仕事に取り組むタイプのISTJ(管理者型)にとって苦手分野の仕事です。

アドリブ的な対応が求められる仕事

決まったルールや規則のある仕事に責任を持ちコツコツと仕事を進めるのが得意なISTJ(管理者型)にとって、臨機応変を求められる仕事は向いていません。具体的には、イベントの企画・準備・運営をするイベントプランナーや悩みを抱えている人のサポートをするカウンセリングの仕事です。

イベントプランナー

イベントプランナーはセミナー、各種展示会、スポーツイベント、コンサートなどのさまざまなイベントの企画・準備・運営をする仕事です。情報収集や、パンフレットの製作、会場の手配や音響・照明、宣伝など、多くの人との打ち合わせが発生します。また、イベント開催時には、多くのスタッフが関わり、不測の事態にも臨機応変に対応しなくてはいけません。

イベント毎に企画・準備・運営が異なり、関わる人も変わります。大きな変化を好まず、ルーティンワークが得意なISTJ(管理者型)にとって日々違うことに取り組む仕事は疲弊することがあるでしょう。

カウンセリング

カウンセリングは企業や学校、病院などで悩みを抱えている人の心の悩みに向き合って、援助する仕事です。カウンセリングの仕事はコミュニケーション力が必要とされます。人それぞれ悩みは異なるため、相手の話に耳を傾けて話を聞き、伝える技術も求められます。

環境の変化を好まないISTJ(管理者型)は、カウンセリングのように毎回違う相談に対して的確なアドバイスをする仕事は得意ではありません。

自分の短所を知ることで、ISTJ(管理者型)に向いていない仕事もわかるから、仕事のストレスを減らすためには仕事の選択も重要ね。

ISTJ(管理者型)におすすめのアルバイト3選

ISTJ(管理者型)はチームで行う仕事や自ら作り上げていく仕事より、個人でコツコツ進める仕事やルーティンワークの仕事が得意です。ルールを遵守することも得意なので、マニュアル化されている仕事であれば、最後まで責任をもって成し遂げられるでしょう。
ここからはISTJ(管理者型)におすすめのアルバイトを紹介します。

採点

採点のアルバイトは模試や試験、通信教育の採点をする仕事です。答案の丸付けをする「採点」と、記述式の答案や小論文にコメントをいれる「添削」の2種類があります。採点結果が学生のその後の進路にも大きく影響するため、採点結果に大きなずれが生じないよう細かな採点基準がマニュアル化されています。真面目で堅実なISTJ(管理者型)は、マニュアル通りに責任をもって採点をコツコツと進められるでしょう。

倉庫・検品

倉庫・検品のアルバイトは発送の準備、品出し、商品の仕分け作業、製品に不良品がないかを確認する検品、帳簿の上での数と実際の在庫の数が合っているかを確認する棚卸などをする仕事です。初心者でも挑戦しやすいラベル貼りや梱包といった単純作業も多くあります。

ミスなく正確に仕上げていくことが求められる倉庫・検品のアルバイトは、単純作業が苦にならずコツコツと作業を進めるのが得意なISTJ(管理者型)にはおすすめです。

ファーストフード

ファーストフードのアルバイトは、ハンバーガーショップやドーナツショップ、牛丼店などで、時間をかけずにお客様に商品を提供する仕事です。レジでの接客や注文商品の調理・提供などはマニュアル化されていることがほとんどなので、自らサービスの方法を考える必要はありません。ISTJ(管理者型)は、マニュアルがあり、業務内容が確立されている仕事を責任をもってこなすことができるでしょう。

マニュアル化された仕事や、コツコツと進める仕事はISTJ(管理者)には向いているから、アルバイトもストレスなくできるのは良いよね。

ISTJ(管理者型)が就活や転職活動で使える自己PRのポイント

ISTJ(管理者)の長所や短所、向いている職業などは理解できたと思います。

自分に向いている仕事に就くためには、就活や転職活動をしなくてはいけません。その際に重要となるのが、採用選考で非常に重視される自己㏚です。

自己㏚は人柄を理解してもらい、自分の強みがなにか、入社後その強みをどのように活かせるのかをアピールします。たとえ優秀であっても企業の求める人材でなければ、採用はしてもらえません。採用担当者の注目を引くような自己㏚をできることが、内定への第一歩です。自分自身の強みや長所を伝え、経験談を交えて自分自身の㏚と就職への意欲を示せる自己㏚を作ることが就活・転職活動の第一歩です。ぜひ例文を参考に自己㏚文のポイントをおさえてください。

ISTJ(管理者)の自己㏚の例文

私の強みは努力家で真面目、計画的・論理的に物事を進められるところです。また、何事にも真摯に向き合い、コツコツと努力することを得意としているので、最後まであきらめない粘り強さを持っている点です。大学に入学した時から採点・添削のアルバイトをしていて、結果は学生の進路にも大きく影響すると考えているので、一つひとつの課題をミスすることなく正確に採点・添削することを心がけています。

私の長所である、型通りに物事を進められる点や責任感が強い点、コツコツと物事を進められる点を活かせていると考えます。添削を始めたころは、どのようなコメントをすると良いか迷うこともありましたが、相手の立場に立ち、わかりやすく伝えるためにコメントの内容を何度も見返して修正をした経験があります。その結果、学生の方からわかりやすいコメントで小論文の精度を上げることができたとメモが添えられていた時には、諦めず相手が理解しやすいコメントをできる努力をして良かったと実感しました。ただ採点・添削をするアルバイトという気持ちではなく、相手の今後の進路にも大きく影響することのお手伝いをしているという気持ちで、取り組んでいます。

努力家で真面目なところや計画的・論理的に物事を進められ、最後まで責任をもって成し遂げるという私の強みを、貴社で存分に発揮したいと考えております。

自分の強みや長所だけではく、実際の経験談を交えてどのような成果をあげたかを伝えるとわかりやすいのね!!

ISTJ(管理者型)が適職に就くためのチェックポイント

毎日仕事をする上で、自分に合った環境や仕事内容であることはとても重要です。自分に合わない仕事をすることはストレスになり、仕事への意欲も湧いてこないでしょう。ここからは、ISTJ(管理者型)の強みを活かして適職に就くためのポイントを紹介します。

ポイント1:評価制度のある職場

評価制度は人事制度のひとつで、従業員の能力や会社への貢献度を評価するための制度です。評価が良ければ給料や役職が上がります。会社の売り上げの数字が目に見てわかるような営業職などに比べると、ISTJ(管理者型)が得意なコツコツと進める仕事は評価がわかりにくいです。評価制度のある職場で働くと、実力を発揮した分の評価を感じることができ、仕事のモチベーションも上がるでしょう。

ポイント2:業務内容が決まっている職場職場

ISTJ(管理者型)は仕事をする上で、決まっていることがあるとその通りに進めるのが得意です。決められたことに対しては、計画的に最後まで責任を持って取り組みます。逆に決まっていないことにストレスを感じます。

仕事を探す際は、求人に業務内容がわかりやすく明記されていることも、適職に就くためのポイントになるでしょう。

ポイント3:精度が求められる職場

書類仕事や数値計算など、細部まで精度が求められる仕事は、完璧主義のISTJ(管理者型)にとって、最適な仕事です。少しのミスも許されないような仕事でも、強い責任感と真面目に取り組む姿勢で、ストレスなくこなせるでしょう。金融業界や公務員などは細部まで精度が求められる業界でISTJ(管理者型)の強みを活かせます。

ポイント4:安定的で予測がしやすい職場

不安定で先読みができない環境に置かれることが苦手なISTJ(管理者型)は、安定的で予測がしやすい職場だと、安心して働けます。上場企業や、財務状況ご数年〜数十年単位で安定している会社がおすすめです。インフラ業界やIT業界は将来的になくなることが考えにくい業界です。

ISTJ(管理者型)の強みを活かせば、適職についてストレスなく働けるのね!

ISTJ(管理者型)の強みと弱みを理解して自分の天職を見つけよう!

ISTJ(管理者型)は真面目で努力家、コツコツと地道に努力をして確実に成果を出せるのが特徴です。計画的に物事に取り組み、強い責任感を持っていることは強みであり、仕事にも活かせるでしょう。チームプレイや、創造性を求められる仕事は得意ではありませんが、チームのリーダーやまとめ役として抜擢されることも少なくありません。自分の強みと弱みを理解して、自分の性格を活かせる天職を見つけられると、仕事へのモチベーションが上がるでしょう。この記事を参考に自分に合った天職を探してください!!

MBTI診断の関連記事

MBTI診断について

MBTI診断の解説
MBTI診断とはAとTの違い各タイプの相性一覧
ランキングまとめ良い相性一覧悪い相性一覧

性格タイプ別の性格・特徴・相性・適職

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別のあるある

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

AとTの違い

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の恋愛・結婚

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプ別の適職・職業・仕事選び

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP

性格タイプのランキング

ランキング
日本人に多いランキング性格良いランキング性格悪いランキング
嫌われるランキング生きづらいランキング怒ると怖いランキング

性格タイプ別の生きづらさ

性格タイプ別
INFJISFJISFPENFP

韓国アイドルの性格タイプ

韓国アイドル別
韓国アイドル一覧TREASURETWICE
ENHYPENTXTNCT
SEVENTEEN(セブチ)

性格悪いと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJESFJ
ISTPISFPESTPESFP

頭おかしいと言われる理由

性格タイプ別
INTJINTPENTJENTP
INFJINFPENFJENFP
ISTJISFJESTJ ESFJ
ISTPISFPESTPESFP
※本記事は、16Personalities性格診断テストを参考に制作しております。一般社団法人日本MBTI協会およびMBTI診断とは関係ありません。